<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

写真・写真家・・・・そして今思うこと・・・・

カメラ雑誌に掲載されて、早いもので、もうあれから2ヶ月以上時間が過ぎました・・・

多分,記事をご覧になられた方々からの影響なのか,ブログのアクセス数が急激に伸びましたけれど
アートエマルジョン、モノクロ写真自体が・・・きれいきれい写真のデジカメで誰でも撮れる
ネイチャーフォト人口の数から比べても・・私の主な作品制作の範疇とするエリアでは・・・

アートエマルジョン・・??  銀塩モノクロ写真・・??何なのそれはという感じでなのでしょう


デジカメで簡単に写真が撮れて、PCを使わずにプリントアウトが出来る簡単お手軽便利な時代に
わざわざモノクロで、暗室で酢酸まみれになりながら、作業する意味はあるのですか・・
・・・と問われても・・・本来の写真とは何かを・・・1から説明する時間も意味も、今に至っては
無駄な時間と経費の無駄使い・・・・で済んでしまう、儚い努力なのでしょう・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


幸い私は、写真を始めた時点から、報道やコマーシャルフォトとは無縁の世界でひたすら
オリジナルの作品創作を始めていたので、写真撮影だけで生活が送れること自体が不思議でした。
アートフォト=貧乏・・・の図式は今もこれからも永遠に変わらない事でしょう。

そのことは徒弟制度に縛られ、スタジオの片隅で、ほぼ無給で働く若い彼の生気の無い笑顔・・・
・・・夢・・それだけの細い糸にしがみついて、どれだけ沢山の若者が散っていったことか・・
コネ・カネ・才能・・・・の細い糸にしがみ付きながら・・・・写真を諦めて往った若者達。


現在のような写真環境に移行して、写真家が為すべき作業はシャッターを切るだけ
日々仕事探しとコネ作りに右往左往・・・原価割れの仕事でも・・・ひたすらに平身低頭・・・
デジタル処理はソフト次第で・・・いとも簡単に・・・・どうにでも転びます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この日本と云う社会に、写真文化などと云う蜃気楼の様な夢の世界が始めから無かった事は
直ぐに気付きましたけれど、あの日から数十年を経た今でも何も変わってはいません。

砂漠に大量の水を撒くがごとく、汲めども汲めども・・・・それは無意味に近い徒労に終わります
画家を止め、数点の作品だけを残し、自分の作品総てを焼却処分にした・・・・あの時から・・・・
絵画が写真表現にシフトしただけで・・物作りの悪夢に執りつかれた徒労の旅は、今も続いています。


終わりの無い旅は・・・・終わらないまま今日も続くのです・・・・ね・・・



     2010・8・25    Tairyo  Ono

(C) Photo by Tairyo Ono

e0101846_14415110.jpg



  1990年頃制作    原版、モノクロ  ハッセルブラッド500CM
恐竜が滅んだ様に、絶滅危惧種の写真家も・・どことなく暗示的な写真を
セルフポートレイとの如くに20年も前に撮っていました。



e0101846_1453404.jpg


アートエマルジョン作品として、同時期に制作・・・・・
木炭紙にアートエマルジョン塗付

[PR]
by tairyo-ono | 2010-08-25 13:22 | アートエマルジョンプリント

少しの御無沙汰でしたけれども・・・元気で頑張っています・・

それでも、日々の暑さは半端ではなく・・・思考能力が停止しそうです・・・
世界的な異常気象は、やがて確実に訪れる地球の破滅を暗示しているのでしょうか・・・

全ては・・始まりと、いつか来る終わりの中で・・生き物全てが、輪廻転生を繰り返すわけで・・・
いつかは終わりが来ると感じながらも、日々頑張って生き続けるわけで・・・正直シンドイなと
思いつつも・・・だからと云って途中でリタイヤだけはしたくないのが・・自分との戦いで・・・


・・・とここまで書いて・・・・??
暑さのせいで、若干思考能力が鈍りはじめて来たらしく、キーボーに向かい書き込むブログの
文章に纏まりが無くなり始めて来たみたいで・・・一時中断です・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


料理は全て自分で作るし、アルコールが駄目なので・・・そちらのエリアには縁遠く、つまらない
女性と話す時間があるのなら、暗室に1日中入り込んで仕事をしていたい・・・・・正直な気持ちです。


日々の出来事と云っても・・写真と猫の話ぐらいしか・・・ブログに書き込める話題は他にはあまり
ありません・・・・

私の仕事場・・・アトリエの裏を横浜線が走る土手の草むらに狸の親子が住み始めました・・
この様に書くと、余程辺鄙な街に住んでいると誤解されますが、我が家は都会のど真ん中
その割には緑に恵まれ、横浜線の土手を伝い、以前から我が家の野良猫にあげる餌を横取り
する姿を見かけました。

最近、子狸が姿を見せ始め・・・・夫婦と子狸合わせて4頭が日暮れと同時に餌をねだりに来ます
その食欲たるは尋常では無く・・深夜分を合わせて2度の食事・・・雑食系なので何でも食べますが
子狸のこれからの成長を考えると末恐ろしく感じますが・・・これも縁なので・・・当分は面倒を
見てあげましょう・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、マルが死んでから早いもので四十九日が経ちました・・・
今にして思えば、この夏の猛暑を過ごさずに良かったのか、頑張ってでも生きていたかったのか
答えは分かりませんが・・・・亡くなる1週間前に撮影したデジカメの映像はまだ正直観れません・・

以前ブログにも書いた
マルの納骨当日に突然に姿を現した子猫ですが・・・・まだ警戒心が完全に解けていないのか
我が家の仲間入りまでには、今少し時間が掛かりそうですが・・・

でも1日二回の食事は欠かさずに取るし、名前を呼べは返事もするし・・・知恵も付き始め
少しずつ成長をしている様子も観れます・・・


マルの死後、最近すっかり元気が無くなってしまったピーですが・・・・この部分の心のケアは
飼い主の私の役目です。
優しかった育ての親のマル分まで、ピーに愛情を注いで上げなくてはなりませんので・・・・




(C) Photo by Tairyo Ono


e0101846_17111423.jpg


2010 /7 /4     マルが死んでから4日目の・・・ピーちゃん

e0101846_1761255.jpg


7月1日に我が家に登場・・・・ジュンちゃん(雌)    2010 /7 /23
[PR]
by tairyo-ono | 2010-08-21 17:22 | 日々雑記帖・・・・

残暑お見舞い申し上げます・・・・・

立秋を終えても猛暑は衰えません・・・・と云うかヤケクソの如きの残暑です・・・・

やっと時間が出来たので、PCの中に溜まるだけ溜まったデジタル写真の画像を取りこんでいます。
撮影中に、何の高揚感も達成感も感じないデジタル撮影とデジタル現像処理・・・・

写真家が失ってしまった、1ロール毎にフィルムを入れ替え、その都度に気持ちのリセットを
繰り返し、一瞬の時間を切り取る本来の写真を撮ると云う感覚は、デジタルムービー1眼という
それ程に必要と思えない、日本特有のガラパゴス的デジタルテクノロジーにより進化を遂げる。

自分の作品の発表の場としてデジカメを使う訳では無いので、今の写真界の環境について
イライラすることもなく、自分が歩き信じる道を・・・ただひたすらに歩くだけです。


何はともあれ・・・・残暑お見舞い申し上げます・・・・・


(C) Photo by Tairyo Ono

SONY NEX-5 E16mm F2,8


e0101846_13201492.jpg




e0101846_1324595.jpg

[PR]
by tairyo-ono | 2010-08-16 13:24 | 日々雑記帖・・・・

毎年の事では有るのだけれども・・・

横浜生まれの横浜育ち・・・・ましてやお盆は1ヶ月前に済んでしまい、本来なら家族とか家庭とか
味わう筈であったの両親は・・・私の人生の早い時期に二人共に他界・・・
帰るべき田舎を持たない私は、民族大移動の季節も相変わらずの横浜暮らしです。

私自身は、所謂、一般的な家庭的な雰囲気を味わうことも自分から避け・・
気が付けば一人身の自由さが、どっぷりと身について、煩わしい人間関係に翻弄される生活を
避けていました・・・・

結婚などと言う選択肢は始めから無く、唯一の肉親である姉とは当たらず触らずの距離で
同じ敷地内でお互い別棟の生活・・・祖母の最後を20数年前に、見届けてからは・・・
その距離は他人と同じです・・・

巷でよく言われる兄弟は他人の始まり・・・・これは蓋し名言であると思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、話題になっている高齢者の行方不明・・・・親子、兄弟、夫婦・・・総てのあらゆるものを
取り囲んでいた筈の・・・日本人が営々と築き上げていたファミリーという形態が、夢、幻の蜃気楼
だったのでしょうか・・・?

海外からも不思議の国ニッポン・・・で取り上げられている、本来ならばすべてのデーターベースが
しっかりと構築されていると思われていた筈のこの国のお役所の台帳が・・・????

休まず、動かず、働かずの・・・・ニッポンのお役人の遺伝子は、これまた昔から変わることも無く
熱し易く醒め易く、忘れ易い国民性は・・・・腹黒の政治家たちにとってみれば、鵜飼の如く
手綱1本でどうにでも操れる・・・

この国の、政治、政治家不在は今に始まった事ではなく、秋風が吹くころには
9月の民主党の代表選挙も管が破れ・・鳩と小沢の傀儡である海江田が・・・怪しげな笑みを浮かべ
パートタイム政権にしがみ付く事でしょう。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


黒澤明の珠玉の名作・・・・生きる・・・・何故かもう一度観て見たい気がしました・・・


         (C) Photo by Tairyo Ono

             アートエマルジョン  銅板作品  2009年  国画会出品作品


e0101846_17214278.jpg
    


e0101846_17384476.jpg

[PR]
by tairyo-ono | 2010-08-13 17:06 | 日々雑記帖・・・・

マン・レイ展・・・・・まだ観に行く時間が出来ません・・・・

何で今頃になって・・・急に大規模な展覧会が開かれるのか、疑問に感じたのですが2007年から
欧州を巡回していた展覧会が日本に来ることが決まり・・・・400点近い作品が紹介されるとか

何にしても、デジタル写真一辺倒だった今の写真界の環境に・・・アナログ写真の本来の姿・・・
決して死滅した訳ではない銀塩写真のもつ芸術性・・・このことを改めて再認識させてくれる事でしょう・・

日本の写真文化の環境下では、その存在さえも理解されず死滅してしまいそうな広範囲にわたる
マン・レイの創作活動も・・・きちんと財団が管理保存を手掛け芸術文化として永遠に守るのです。

おそらく、何処かの国の事業仕分け人の手にかかれば・・・無駄・無意味で写真文化などと云う
得体の知れないものは・・・即、廃止の憂き目に瞬く間に消えて無くなることでしょう・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


マン・レイの多岐に渡る創作表現は・ソラリゼーション・レイヨグラフなどの写真撮影を素材とした
空間表現ですが、今回は普段は滅多に目にする事の出来ないマン・レイの貴重な作品を・・この目で
確かめる事が出来る・・・・本当に楽しみにしています・・・・



マン・レイ・・・・瑛九・・・・
印画紙に物を置き光を当てながら感光・そして現像・停止・定着・水洗乾燥・・・・
マン・レイに影響されフォトデッサンという手法を試みた・・・瑛九・・・・

そして、私も15年ほど前に・・・今は亡きこの二人の作品に感化され、集中してこの写真映像表現
を試みました・・・


(C)Photo by Tairyo Ono


     その当時の、自作オリジナルプリント作品より・・・

e0101846_16202342.jpg



e0101846_16212435.jpg

[PR]
by tairyo-ono | 2010-08-07 16:26 | 風に吹かれて・・・

暑中お見舞い申し上げます・・・・

口を開けば暑い・・・暑い・・・・

体質がエアコンに不向きな私は・・エアコンの無い環境の下で何とか暑さ対策を・・と言っても
暫くは、暗室作業はこの猛暑では敬遠で・・かと言って、PCが2台稼動する仕事場の熱気は
半端ではなく、サーキュレーター式の扇風機2台を機械のためにフル回転・・・・・

暦の上では・・明日・・立秋ですが・・・・暑さはまだまだ、当分続くとの予報で・・
大嫌いな夏が・・・猛威を奮い・・・それでも、落ち着いた環境の秋が来るのを心待ちにして
日々過ごしましょう・・・

夏風邪とは無縁の生活は、ただひたすらに塩分補給と水分補給・・・

何を遣るにしても、暑さを理由に後回しの日々ですが・・・そろそろ本気モードで仕事に励み
頑張りましょう・・・・


(C)Tairyo Ono ハッセルブラッド  500CM   マクロプラナー120mm


e0101846_1543653.jpg


e0101846_15505570.jpg

[PR]
by tairyo-ono | 2010-08-06 15:52 | 日々雑記帖・・・・

ある日・・・突然に閉鎖されたGallery・・でした・・・

それは、もう今から2年半も前の出来事でした・・・

お金持ちのGalleryのオーナーの・・・お道楽的な発想のグループ展に何も知らずに参加・・
グループ展に参加するメンバーも、作品内容も知らされず・・・ある意味でのアンデパンダン形式

展覧会の展示作品の内容は・・・今まで、長年に渡り参加していたグループ展とのメンバーとは
顔ぶれも全く違い、作品内容も変化に富んだものでした・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オーナーの御厚意で、グループ展の終了後も暫くの間、Galleryの空きスペースに
オリジナルプリント販売の為のスペースが確保され・・これから本格的に宣伝出来ると思った途端
ある日突然に・・・・Galleryが閉鎖されました・・・・


後日談ですが、始めから織り込み済みの閉鎖ったそうで・・・・作品制作に勤しんだ私を含め
踊らされたメンバーはいい面の皮・・・・ただただ呆気に取られたままでした・・・・

以後の教訓として・・・美味い話には毒がある・・・・人の汚れた褌で相撲は取るな・・・・

あの日以来、急速に自分の中の何かが変化を起こし・・・・グループ展での作品制作と参加に
急激に嫌気がさし、昨年末に作品の発表は個展だけにするシフトに変えました・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元気で作品制作に時間を費やせる残され時間が・・・例えば・・・あと多くて10年と考えたら・・・
それは余りにも短すぎる時間なのです・・・遣りたい事、遣り残した事がまだまだ沢山残っています
なので改めて褌を締め直し・・・・頑張らなければ・・・です!!


その時の作品展の画像をここに載せた訳は、作品を纏め上げる時間と制作する費用を考えたら
やはりインターネットの時代に合うように、システム変更をして時間と費用をコストカットする
努力をしなければ為りません。

今はもう存在しない、某、Galleryの壁面に収まりきらない程の沢山の作品を
現在でもアトリエに大切に保管しているのですから・・・

これから順次作品をサイトに載せながら、プライベートな・・WebGalleryの運営を考えて
行きたいと思っていますので・・・・





      (C)Photo  by   Tairyo  Ono



e0101846_726411.jpg




e0101846_7283545.jpg

[PR]
by tairyo-ono | 2010-08-01 07:16 | アートエマルジョンプリント