カテゴリ:自作ピンホールカメラ( 14 )

温故知新・・・・・写真誕生の基本です・・・

今更、写真誕生の基本であるこの部分の解説を・・・・敢えてブログで書こうとは思いませんし
インターネットで検索すれば、これでもかと云う程の大量な情報を手にする事が出来ますから・・・
 

ただ、私のブログに自作4X5ピンホールカメラに関する、アクセスが数件寄せられ、たまたま
本日は時間に余裕がありましたので、少し詳しく書いて於きますので・・・・何かのご参考までに・・・


ピンホールカメラと云えばソフトオーカスで、何となくオボロゲな画像の写真が思い浮かび・・・
今では簡単なデジタル画像処理ソフトを使い、何も考えずに、誰でも簡単に写真が撮れてしまう
デジカメのコンテンツの一部に組み込まれてしまっています。


知ったかぶりの人間ほど、浅儚な知識をひけらかし・・・・レンズに鼻の油を塗ればピンホール写真・・・・??
そんな邪道な人間の・・・・写真の本来の道から外れた意見などはこの際・・・・無視しておきましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ピンホール写真・・・・・針穴写真・・・・ここまではごく当たり前の真面目な写真の話になるのですが
ピンホールと書いた途端に、品性下劣な奴は、= 即盗撮が頭を駆け巡り、有らぬ妄想に走ります。


エアーレンズと書けば、少しはファンタジックな世界に足を踏み入れた感じがするので、ピンホールカメラと
言うよりは・・・・・私は敢えて・・・・・Air lens photograph ・・・(空気レンズ画像・カメラ)と呼びたいです。


実際、暗箱の中に感光紙(印画紙またはフィルムを)入れてセットして、綺麗に針の穴で開けた金属板の
小さな穴から、1枚のレンズも使わずに・・・ゆっくりと光が伝わりながら、画像を浮かび上がらせるのですから
色収差の全くない、本当に美しい理想的な写真が出来上がるのです。 
 


e0101846_16503765.jpg



e0101846_1733329.jpg


自作エアーレンズを自作ボディーキャップに取りつけて1眼レフデジカメで撮影


この写真は昔、あるグループ展に参加したときに、デジタルカメラを人生で初めて手にする事になり
何か奇抜なアイデアは無いものかと考え制作しました・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   



話が少し逸れたので本来の・・・・自作の木製4x5 air lens camera (ピンホールカメラ)について



e0101846_17165062.jpg



e0101846_1718222.jpg



取り立てて、難しい工作の部分はそれ程には無い筈で・・・・4x5のカットフィルムホルダーが
差し込み自由に出来て、光漏れが起きないように工作すれば、ホルダーさえ何枚も持っていれば
持ち運びが自由で楽しい撮影が・・・・・出来ます。



e0101846_17424918.jpg



e0101846_1734765.jpg



e0101846_17363725.jpg



e0101846_173931.jpg



何よりも一番肝心な部分は・・・・・・綺麗な  Air lens   (針穴・・・・ピンホール)の制作です
最近では、この部分が市販品で簡単に手に入るらしいけれどン・・・・・・私は全て自作です。
数本のミシン針と0,1mmの厚さの銅板と目の細かな耐水性の紙やすりで・・・・・楽しみながら制作します。

 
本日は時間が有りませんので・・・・何かご質問でもあれば・・・・・また後日にでも・・・


    (C) Photo  by  Tairyo Ono          2011 /05 / 25



e0101846_17595923.jpg

[PR]
by tairyo-ono | 2011-05-25 16:42 | 自作ピンホールカメラ

暗室作業・・・集中月間だった筈なのに・・・・・

いつの間にかピンホール集中月間に・・・・・??・・・・・なってしまいました・・・・・??

この夏は露出計とストップウオッチを片手に、本来のフイルム使用でのピンホールカメラで遊ぼうかな・・・・・ 



e0101846_15305168.jpg
 

                            A


e0101846_153615100.jpg



                            B


        Photo by (C) Tairyo Ono     2003年撮影    4x5カラーリバーサルフィルム

 
[PR]
by tairyo-ono | 2009-06-10 15:38 | 自作ピンホールカメラ

Page,4・・・・・

2008年8月撮影 

    Photo By (C) Tairyo Ono


e0101846_13212889.jpg





e0101846_13261515.jpg




本日は久し振りの青空と、夏を感じさせる白い雲に・・・・・大サービスのデジタル一眼ピンホール写真の
掲載でした・・・・・未発表のデジタル一眼ピンホール写真は沢山ありますので、またの機会に・・・・・

[PR]
by tairyo-ono | 2009-06-07 13:26 | 自作ピンホールカメラ

Page,3

2008年7月撮影

     Photo by (C)Tairyo Ono


e0101846_1381587.jpg




e0101846_13305292.jpg

[PR]
by tairyo-ono | 2009-06-07 13:12 | 自作ピンホールカメラ

Page,2・・・・・


撮影使用カメラ・オリンパスデジタル一眼レフカメラ・E410ボディー

          自作ボディキャップ・・・・・針穴も自作(銅板使用)推定F値・・・F250

          バッテリー2個・・・・・・・メモリーカード2枚・・・・・・ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちのHPでオートスライドショーが御覧頂けますので・・・・宜しく

      


http://www5f.biglobe.ne.jp/~tairyo/ 

  www.tairyo-ono.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Tairyo Ono 2008 7月撮影開始・・・・・・
(C)埠頭に向かって吹く風に Photo by Tairyo Ono     


e0101846_12533177.jpg





e0101846_125679.jpg

[PR]
by tairyo-ono | 2009-06-07 13:01 | 自作ピンホールカメラ

多くの方々は・・・・・かなりの認識の違いを起こしているらしく・・・・

ピンホール写真の・・・本当の画像の素晴らしさを理解して欲しくて・・・・再登場です。

なので、本日は特別号として・・・・先ず、Page-1です

私はピンホール写真撮影に関しての、ブレ、ボケ写真はあくまでもホビー的な扱いで・・・・
ぼやっと・もやっと・・・・とか・・・柔らかな描写の具合で・・・・こんな感じ・・・・的でスルーして終わる
ピンホール写真に関する本当の誤りに気が付いて欲しいのです・・・・・が・・・写真に対して取り組む意識が
大きく欠落してしまった現代の・・・・安・近・短・・・・的な、デジタル環境が蔓延している時代だからこそ・・・・・
あえてアナログの原点である・・・ピンホール写真
の素晴らしさと楽しさを・・・・
今回ここで記述するピンホール写真に関する・・・暗箱(カメラ)・感光材料(印画紙またはフィルム)は
敢えて、昨年の夏に使用した一眼レフデジタルカメラ・オリンパスE410のボディー
全ての秘密が詰まった自作の改良式のボディキャップ2枚(針穴のサイズが微妙に違う)と
シャッターブレを極力防ぐ為のオートレリーズ・・・・・あとはメモリーカードが2枚でのシンプルな撮影でした。


e0101846_10204545.jpg



e0101846_10333616.jpg


                (秘密が沢山隠されている自作のボディーキャップ)


デジカメでピンホールは昨年の夏の段階で撮影がスタートしました。
以前、写真学校の講師をしていた頃に、理解力と好奇心のある生徒は、デジタル一眼レフカメラが
自由に購入できる価格になった頃から、生徒達にはデジカメでピンホール写真がきちんと写る事を
教えていましたが・・・・・当時のデジカメ一眼レフのファインダー視野はお粗末なものでした。

デジカメレンズのイメージサークルの関係と宿命で、当然デジタル一眼レフカメラを自作のボディキャップに
転用しても、現在でも望遠効果としてしか表現出来ません・・・・・・・
フルサイズスペックのデジタル一眼でも焦点距離は少しの広角効果です・・・・・

これに眼を付けた私は、オリンパスのE410フォーサーズレンズの、ミラーボックスの中を覘き
そのミラーのあまりの小ささに正直驚きながらも、発想を逆手に取りながら
これなら何とかなると考えて、結果、出来た作品が・・・・埠頭に向かって吹く風に・・・・・です。

このブログに今更、写真の講義的な書き込みをするつもりはありませんので悪しからず・・・

だだ、ピンホール写真に興味を抱いた方が入門的と云うか・・・入り込みやすい部分での
デジタル一眼ピンホール写真で、写真の面白さを再認識してから・・・・時間と興味があれば
もっと上のランクの、自作暗箱(カメラ)フィルム、印画紙を使用しての本格的なピンホール写真に
この夏に、挑戦してみてはいかがでしょうが・・・・・



            そして、Page、2に続く・・・・・・・!!


[PR]
by tairyo-ono | 2009-06-07 10:40 | 自作ピンホールカメラ

デジタル・de・ピンホールカメラ(写真)・・・

デジタルピンホールカメラ(写真)と表記すると・・・何だか怪しげな盗撮写真(撮影)と勘違いする
慌てものの方々が・・・・何故か多いとか・・・・・・本当に困った現象です・・・・???

ピンホールカメラ(写真)の本来の語源である・・・カメラ オブスクラ・・暗い部屋・・・・に関する
資料はフリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」で検索して頂ければ本来の意味する
ところはある程度の理解をして頂けれるものと思います・・・・

暗がりから偶然に差し込んできた陽の光が・・・・壁面にゆれながら画像を浮かび上がらせて・・・
消えてゆく・・・刹那な一瞬・・・・それを捉えるために生まれたのが、フィルムでありカメラなのです・・

そこで、一眼レフデジカメは購入したけれど、あまりにも簡単に写り過ぎるつまらなさに
写真本来の撮影時のワクワク・ドキドキ感が薄れ、飽き始めてしまった方々も多いはずです・・・・

写真の原理を理解していれば、それ程難しい理論もいらずに・・・・費用もかからずに
このデジタルピンホールカメラで撮影をして楽しく遊べます・・・・

手持ちの一眼レフデジタルカメボディーと、直径1センチ程度の穴を開けた同じボディキャップ
1個・・・あとはミシン針1本、中心に0,1mm程度の厚みの銅板(アルミ板)数枚・・・
そして細かな面を綺麗に擦れる紙やすり・・・

0,1mm程度の綺麗な針穴が銅板にあけられる根性があれば後は簡単な話で
試し撮りをやり、綺麗な写真が出来なければ新しい銅板に再度穴をあけて・・・トライすれば・・

要するに、銅板の針穴の精度はレンズの性能と同じ意味を持つので綺麗な同心円の針穴からは
是でもか・・・・と思わせる美しい画像が、レンズの無いカメラで撮影出来ます・・・・

是非一度お試しください・・・・・





e0101846_17183519.jpg



(C) Tairyo Ono   撮影使用カメラボディー オリンパス一眼レフカメラ   E-410

           0,1mmの同心円銅板針穴 + 自作ボディーキャップにて撮影



e0101846_17255637.jpg
[PR]
by tairyo-ono | 2008-12-04 17:04 | 自作ピンホールカメラ

デジタルピンホールカメラ・・・・・・写真

まごまごしていれば・・・・・・と云うか・・・あっと言う間に・・・残すところ2ヶ月ちょっとで今年も終わり
・・・・気の早い街中の商店街では、来年用のカレンダーが飾られていたり・・・喪中ハガキ承ります・・とか
嫌でも年末に向かって、徐々に忙しさが増して行く・・・・日々

暢気に風邪など引いている場合ではないのだけれど・・・・体調もあまり芳しくない・・・のだけれども

本日は、朝からPCに向かい、デジタルピンホール写真の編集作業・・・・・・時間ばかりが
虚しく過ぎて、撮影後の自分で撮影した膨大な量のデジタルピンホール写真の画像に・・・いささか
うんざり気味です・・・・

来年早々の、ハチク会写真展の最終的な展示プランも展示方法も、自分の中での
プランニングはもう出来上がり、あとは年内までに、全ての微調整の準備を終了させるつもり・・・・です。

・・・・少しでも自分自身の体調が早く元気で回復する様・・・・気合を入れる為に!!
・・・デジタルピンホールカメラで撮影した・・・・今年の夏の写真です!!



e0101846_13325387.jpg



(C) Tairyo Ono デジタルピンホール写真   カメラボディー  オリンパスE-410


e0101846_13374788.jpg
[PR]
by tairyo-ono | 2008-10-22 13:15 | 自作ピンホールカメラ

何となく明け方まで寝られずに・・・・ラジオなど聞いて・・・



少し早めのブランチを野菜パスタで済ませました。
・・・・と云っても、長い間慣れ親しんだ自炊生活は、何からも束縛されない気ままなものです。

晴れたり雲ったりの空模様が怪しいので、作品制作の材料調達のために早めに横浜へ・・・・・
パネルは先日に自作の頑丈な特別サイズを制作済みなので、水張りの為の
大型ホチキスと針、水張り用の黒テープを購入・・・・・

ついでに何故か、気の向くままに万年筆も購入しました。
現在使用中の万年筆があまりにも書きずらく、精神衛生上最悪なので・・・・・チェンジです!!

そしてチェンジといえば、最近料理に使うフライパンのこびりつきが日増しに多くなり
たまたま覘いた無印良品に、肉厚で重く使いやすそうな中華なべ風のフライパンを
見つけたのでこれも早速に購入。

予定の買い物よりも・・・・・予定外の買い物にかなりの出費ではあるけれど、見るからに
使いやすそうな本日の買い物に満足でした。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オリジナル木製ピンホールカメラ・・・・・・Part-2 の説明です。

① カメラ タイプ・・・・・・

木製6X7ブローニー判 ・・・連続10カット撮影可能)  
マミヤRB67フィルムマガジンと自作木製ボディーを合体(マガジン取り外し可)



e0101846_1593453.jpg






①のカメラで撮影した写真です。独特の柔らかな画像が出来あがりました。 


e0101846_1526986.jpg




                           (C) Tairyo Ono
[PR]
by tairyo-ono | 2007-04-04 15:34 | 自作ピンホールカメラ

ここ数日は、急に夏が訪れたかと思う様な陽気かと思えば・・・・




今日は、また一転して花冷えの雨の午後です。

この寒さで、散りかけていた桜花も何とか踏みとどまり・・・
週末までは、名残の桜を何とか愛でる事が出来そうな気配で
春の陽気もちょっと一休みです。

先日は散歩がてらの近所から2キロ圏内での撮影でしたけれど
想像どうり、撮影しながらの・・・・・収穫はありませんでした。

所謂、典型的な京浜工業地帯で、あまりにも見慣れ過ぎてしまった風景と
云ってしまえばそれまでですが、みなと未来地区からアメーバーの様に
増殖し始めてきだしたマンション群はかなり近い距離まで港に延び始めています。

典型的な再開発の姿なのでしょうが、横浜瑞穂埠頭は撮影立ち入り禁止で・・・・
ここは日本であって日本ではない・・・相変わらずの不可思議な空間・・・・・・・

薄っぺらなエンターテイメントの、みなと未来21地帯から京浜工業地帯に
一歩足を踏みだせば、そこにある立ち入り禁止の米軍基地看板の何と多い事か・・・・・・・・

心が凍てつくような冷たい雨に濡れたYokohama・・・・でも、これが現実世界なのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



オリジナル木製ピンホールカメラに話を変えて

前回のブログで、画面上に一度に4台のオリジナル木製ピンホールカメラを掲載しましたが
カメラサイズが分かりずらいとのご指摘がありましたので、比較対象を考慮しての再登場です。



①オリジナル木製4x5インチピンホールカメラ・・・・・・ポラロイド55タイプ取り付け専用
e0101846_1472313.jpg






②オリジナル木製8x10インチピンホールカメラ・・・・・・・8x10カットフィルムホルダー使用

e0101846_14102824.jpg

[PR]
by tairyo-ono | 2007-04-03 14:19 | 自作ピンホールカメラ