<< 徹夜明けで・・・早朝にブログの... レクイエム(鎮魂歌) >>

嵐の前の静けさ・・・・・

沖縄に上陸した台風は・・・・・本土上陸のど真ん中のコースを取りながら・・・不気味に進んでいます。
関東地方上陸は、仕方が無いにしても・・・・出来るだけ、東北地方は避けて通過して海上に逃げて消えて
欲しいものです・・・・・



暗室の大改造をする前の、準備段階だったので、突然の台風上陸までは考えていずに・・・・
暗室の天井板を取り払った隙間部分は・・・光漏れの後処理を、後回しにしたままで部屋の
内部の片附けやworkroom の分類やネガの整理の準備に・・・追われて、なかなか出来ませんでした。


本日の、午後一番で、取りあえずの暗室内の光漏れを完全に修復の予定です。
修理方法も、材料も既に調達済みですが・・・・本格暗室の大改造までの、3か月少々の限定使用なので

e0101846_3303991.jpg


・・・・余り頑丈に作り直すと、かえって大工さんには迷惑が及びそうなので・・・・この辺はアバウトに・・・
光漏れ対策を致します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



最近、本当に久しぶりに暗室で使用する薬品を纏め買いしました。
無水亜硫酸ナトリウムと無水炭酸ナトリウムを各5kg・・・・・・
私は、フィルムの現像液も印画紙の現像液も、すべて自家製即ち・・・・・自家調合で30年以上続けています。


80年代に第二次オイルショックが起こり・・・・当たり前に、石油腕製品で成り立っている写真用品全てが
品不足に陥り、当然のように価格が上がりました・・・(実際は売り惜しみの便乗値上げが殆どでしたけれど)


・・・・当時のカメラ店員の、さも偉そうな・・・・・少しだけ分けてあげるから・・・・の態度に腹が立ち・・・・
取りあえず、何故だか棚には沢山並んでいた、単体薬品で手に入る・・・メトール、ハイドロキノン、ブロムカリ
無水亜硫酸ソーダー、無水炭酸ソーダー・・・etc を手に入れてから、所謂メーカーのお任せ調合薬品は
一度も買ったことが有りません。


モノクロ写真の薬品の種類は、ある意味で・・・・各自の好みで自由に調合が出来る作家一人ひとりの
秘密の隠れた技があり・・・・フィルムモノクロ写真現像の独特の表現領域が有ります。


深みのない、薄っぺらな青味がかったインクジェットのダラシガない・・・似非モノクロプリンをPhotogallery
などで目にするのならば・・・・口には出さないけれど・・・私は、即・・・・そのgalleryから外に出ます。


同じエマルジョンナンバーの印画紙でも、薬品調合の 微妙な組み合わせで ・・・・プリントの黒の諧調の
締り具合さえ微妙に変化する・・・・この醍醐味はデジタルインクジェットプリントが、どの様にモノクロの
再現に頑張っても、元々の基本とする仕組みが違うのだから無理な話で・・・・・・
この部分が、本当にクリア出来るのなら・・・・・私は明日にでも暗室を閉じますけれど・・・・・
私が死ぬまでは・・・・・いえいえ・・・・多分永遠に無いことでしょう・・・・



話が少し逸れましたけれど、写真の先人達が沢山の写真に関するデーターを残してくれています。
私が現在でも取り入れている、印画紙のプリント現像方法を使えば・・・・薬品の微妙な調合バランスで
通常のモノクロ印画紙の号数を 0号から5号まで・・・・・ マルチグレード印画紙使えばもっと微妙な号数
を焼く事が出来ます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




6月に入れば、片付け作業も・・・・・暫くは当てにならない、お天気任せの・・・・晴耕雨読のんびりモードに・・
美術館やギャラリーに、のんびりと出掛ける時間の余裕も少し作り・・・・久しぶりにスケジュール調整を
してみましょう。


あまり頑張らないで・・・・ローライ1台と露出計・モノクロフィルム5~6本を普段持ち歩きのバッグにいれて
久し振りのお散歩写真を撮りに・・・・


        2011 /05 /29     ・    Tairyo Ono




e0101846_5213179.jpg



e0101846_5224766.jpg




e0101846_539368.jpg





                  (C) PHOTO by Tairyo Ono

          赤外線モノクロ写真     ハッセルブラッド  500CM   ・503CX

[PR]
by tairyo-ono | 2011-05-29 05:19 | 風に吹かれて・・・
<< 徹夜明けで・・・早朝にブログの... レクイエム(鎮魂歌) >>