<< 寂しさ、悲しさ・・・やるせなさ・・・ 天気予報どうりの・・・・雨の日... >>

温故知新・・・・・写真誕生の基本です・・・

今更、写真誕生の基本であるこの部分の解説を・・・・敢えてブログで書こうとは思いませんし
インターネットで検索すれば、これでもかと云う程の大量な情報を手にする事が出来ますから・・・
 

ただ、私のブログに自作4X5ピンホールカメラに関する、アクセスが数件寄せられ、たまたま
本日は時間に余裕がありましたので、少し詳しく書いて於きますので・・・・何かのご参考までに・・・


ピンホールカメラと云えばソフトオーカスで、何となくオボロゲな画像の写真が思い浮かび・・・
今では簡単なデジタル画像処理ソフトを使い、何も考えずに、誰でも簡単に写真が撮れてしまう
デジカメのコンテンツの一部に組み込まれてしまっています。


知ったかぶりの人間ほど、浅儚な知識をひけらかし・・・・レンズに鼻の油を塗ればピンホール写真・・・・??
そんな邪道な人間の・・・・写真の本来の道から外れた意見などはこの際・・・・無視しておきましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ピンホール写真・・・・・針穴写真・・・・ここまではごく当たり前の真面目な写真の話になるのですが
ピンホールと書いた途端に、品性下劣な奴は、= 即盗撮が頭を駆け巡り、有らぬ妄想に走ります。


エアーレンズと書けば、少しはファンタジックな世界に足を踏み入れた感じがするので、ピンホールカメラと
言うよりは・・・・・私は敢えて・・・・・Air lens photograph ・・・(空気レンズ画像・カメラ)と呼びたいです。


実際、暗箱の中に感光紙(印画紙またはフィルムを)入れてセットして、綺麗に針の穴で開けた金属板の
小さな穴から、1枚のレンズも使わずに・・・ゆっくりと光が伝わりながら、画像を浮かび上がらせるのですから
色収差の全くない、本当に美しい理想的な写真が出来上がるのです。 
 


e0101846_16503765.jpg



e0101846_1733329.jpg


自作エアーレンズを自作ボディーキャップに取りつけて1眼レフデジカメで撮影


この写真は昔、あるグループ展に参加したときに、デジタルカメラを人生で初めて手にする事になり
何か奇抜なアイデアは無いものかと考え制作しました・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   



話が少し逸れたので本来の・・・・自作の木製4x5 air lens camera (ピンホールカメラ)について



e0101846_17165062.jpg



e0101846_1718222.jpg



取り立てて、難しい工作の部分はそれ程には無い筈で・・・・4x5のカットフィルムホルダーが
差し込み自由に出来て、光漏れが起きないように工作すれば、ホルダーさえ何枚も持っていれば
持ち運びが自由で楽しい撮影が・・・・・出来ます。



e0101846_17424918.jpg



e0101846_1734765.jpg



e0101846_17363725.jpg



e0101846_173931.jpg



何よりも一番肝心な部分は・・・・・・綺麗な  Air lens   (針穴・・・・ピンホール)の制作です
最近では、この部分が市販品で簡単に手に入るらしいけれどン・・・・・・私は全て自作です。
数本のミシン針と0,1mmの厚さの銅板と目の細かな耐水性の紙やすりで・・・・・楽しみながら制作します。

 
本日は時間が有りませんので・・・・何かご質問でもあれば・・・・・また後日にでも・・・


    (C) Photo  by  Tairyo Ono          2011 /05 / 25



e0101846_17595923.jpg

[PR]
by tairyo-ono | 2011-05-25 16:42 | 自作ピンホールカメラ
<< 寂しさ、悲しさ・・・やるせなさ・・・ 天気予報どうりの・・・・雨の日... >>