<< 整理整頓の日々の中で・・・・・... 天井板抜き工事・・・・終了・・・・ >>

誰一人だって・・・・本気で安全なんて思っては居ない・・・放射能汚染列島・・・・・・

手柄の横取りと、パホーマンスしか考えていない相変わらずの・・・・管直人
まともな意見、判断を出来る民主党議員は・・・・海江田氏と枝野氏の二人のみなのか・・・・


突然の浜岡原発停止のお願い・・・・・おかしいと感じていたのは、管直人の突然の夜の記者会見・・・
本当は海江田氏が中部電力に事前に打診をしていて、意見交換の機会を探っていたレベルの段階で
馬鹿は馬鹿なりに、政権浮揚の格好の材料に感じたのか・・・・・・手柄の横取りも日常茶飯事の事とか・・・
本当に始末に負えない食えない男だ。

また馬鹿なマスコミは、管政権の支持率が上がったと・・・・・今度は提灯記事を掲載して煽り立て
上げたり下げたりの、安物の震災特需のセールス値引き商品でもあるまいに・・・・相変わらずの無責任記事


今すぐに、自分の判断で日本中の原発のすべてを停止させて、世界の人々、日本国民の前で
土下座でもすれば、支持率の10パーセントくらいはUPしたかもしれないけれど・・・・それ程の深遠な考えも
持ち合わせず、行き当たりバッタリの・・・・後は野となれ山となれ・・・・
起こってしまつた災害の対処が何一つ出来ない・・・・ア管総理大臣・・・・・・空き管総理大臣



原発すべてを見直し考え直し停止させたとしても・・・・・大量の放射性物質プルトニュームは、この狭い
島国日本で処理すべき場所も見つからず・・・・プルサーマルなどと云いながら、わが国で出来もしない技術を
絵に描いた餅同様に、つい最近まで・・・・東電は得意げに語って居た筈で、埋め立ての場所も
模索中だった・・・・・地中深く埋め込む筈の大量の放射廃棄は・・・・・・・何処に流離うのでしょうか・・・・・・・


所詮は眼には見えないが、親方日の丸を嵩にきて・・・・東電は天下りの役人や、イエスマンの学者たちに
銭をばら撒き、困れば困ったでお国に御助けを請い、それでも株式上場会社・・・偉そうな態度で腹立たしい。
株価が下がろうが、東電が無くなろうが・・・・誰も困ったりはしない筈で、今すぐに財布を逆さまにして1円残らず
資産すべてを吐き出し、さっさと店仕舞いをして、他の電力会社に身売りすればいいのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



最近毎日のように井上陽水の曲を聞いています・・・・・・
iPadに入れた40周年のBest album・・・・・勿論、リアルタイムに同じ時代を生きていましたから
当時もレコードが擦り切れる程に、聞き入りギターを脇に・・・・青春していました。

沢山当時所有していたレ大切なコードは、20年前に我が家を襲った水害に遭い水没の憂き目にあい…
すべての思い出をを失い・・・・・それ以来仕事の多忙さもあり・・・・聞く機会も失いました。

陽水の40周年を記念した、NHKで放送されたの4週間の2時間の特集番組もPCに録画して
やっとTVを観れる時間が、少しずつ出来始めた矢先・・・・PCが壊れました。
幸いPCのハードディスクにはしっかりと保存出来ているので、これを何とか蘇らせましょう。


3,11のあの日以来・・・・・井上陽水の曲が無性に聞きたくなり・・・・40周年記念の日本武道館ライの
DVDと40周年記念CDアルバムを購入して毎日聴いています。


勿論、すべての曲が素晴らしいのは、今さら云うまでも無く当たり前の事ですが・・・・青空、ひとりきり・・・・・の
短編抒情詩の様な、何気なさの中に漂う・・・・・無常感、諦観・・・・・それでも人として生まれ
楽しいことばかりでは無い人生の中で・・・・それでも何とか生きて行かなくてはならない・・・仕方無さ・・・・



楽しい事なら  何でもやりたい

笑える場所なら  どこへでも行く

悲しい人とは  会いたくもない

涙の言葉で  ぬれたくはない

青空  あの日の青空  ひとりきり



何かを大切にしていたいけれど

体でもないし  心でもない

きらめく様な  想いででもない

ましてや我が身の  明日でもない

青空  ぽっかり浮雲  ひとりきり



仲よしこよしは  なんだかあやしい

夕焼けこやけは  それより  さみしい

ひとりで見るのが  はかない夢なら

ふたりで見るのは  たいくつテレビ 

星屑   夜空は星屑  ひとりきり



楽しい事なら  なんでもやりたい

笑える場所なら  どこへでも行く

悲しい人とは  会いたくもない

涙の言葉で   ぬれたくはない

青空  あの日の青空  青空ひとりきり



      作詞・作曲    井上陽水



  
元気を出せ・・・・日本頑張れの無味無臭のカラ元気の音楽は、もう聴きたくありません
元気を出せ・・・・・その場凌ぎの・・・優しさは偽りです・・・・・本当の悲しみ・寂しさ・切なさ・やるせなさは・・・
・・・・・当事者以外に、誰にも解ってあげる事は出来ません・・・・・・
 

心に染み込む悲しみは・・・・・すべてを背負って・・・これからの被災地の置き去りにされた東北の人達が・・
忘れ去られ始めている・・・・放射能汚染で故郷を捨て離れ離れに、大切に育てた家畜や、ペットの動物たち
天災だから・・・・なんて簡単な言葉で諦め括れるものではない筈の・・・・・・怨念が・・・・日本全土に



今、日本に蘇れるその力が残されているのかは・・・・かなり疑問ですが・・・でも生きて行くしかありません・・・・。


ふと、眠れぬ深夜に・・・・・ぼんやりと考えました・・・・



2011/ 05 /15       ・     Tairyo Ono



e0101846_3581847.jpg

[PR]
by tairyo-ono | 2011-05-15 04:13 | 日々雑記帖・・・・
<< 整理整頓の日々の中で・・・・・... 天井板抜き工事・・・・終了・・・・ >>